アンティークのお部屋 コールマン マスタード

2012年9月19日

コールマン マスタード

シェークスピア(1564~1616年)の「夏の夜の夢」のワンシーン
芥子の種に扮した妖精が登場します。

1720年には、北部の町ダーラムに住むクレメンツ夫人が、
小麦粉の製粉法を応用して、
きめ細かいきれいな淡黄色の芥子粉の製法を開発しました。
この芥子粉は「ダーラム・マスタード」と呼ばれ、
やがて王室にも認められ、
一躍芥子界の寵児となったと伝えられています。

そして19世紀中頃には、東部の町ノーリッジで、
エレミア・コールマンが現代イギリス風のマスタードを完成、製造を開始しました。

白からしの粉から調製される「コールマン・マスタード」
マイルドな風味とほどよい酸味、
滑らかな舌ざわりが受け入れられ、
イギリス・マスタードの代名詞となっているばかりか、
世界の調味料としての地位を確立しています。

アンティークの世界では
コールマンの木箱をたまに見つけます。
Colman’sの刻印がくっきり押され
どれも味わい深いものが多いです。

近々、コールマンの木箱ご紹介を予定しています。

今でもスーパーには当時のレトロなデザインのまま
黄色に赤の文字でColman’s Mustardの文字が印象的
お土産に購入する事も多いお品です。

おすすめ記事

058-270-0543

営業時間:11:00 - 18:00(火・土曜定休)
店舗営業日:日・月曜日
ネットショップ営業日:月・水・木・金・日

メールでのお問い合わせ