フランスアンティーク食器 赤い花模様が可愛いカフェオレボウル3点入荷しました。 2017年10月15日

2017年10月15日

今回はフランスのアンティークブロカントで買い付けました
赤い花模様が可愛いカフェオレボウルを3点ご紹介いたします。

3点ともに可愛い花模様
大きいサイズ2点と小さいサイズ1点です。

19世紀頃はボウルにスープを入れ、
パンを浸してスプーンで食べていました。
そのため19世紀頃のボウルは
スープ用で大きめの物が多いです。

ヨーロッパにコーヒーがやってきて
コーヒーが一般的に飲まれるようになった
1920年代頃から、
今ぐらいのサイズのボウルが多く作られるようになり、

昔と同じようなスタイルで
ボウルに入れたコーヒーに
パンを浸してスプーンですくって食べていたので
1920年~1940年代のボウルの内側には
カトラリーキズがよく見られます。

カフェオレボウルは
日常に使うものだったので、
ほとんどのものが陶器製です。

https://www.chelsea-old.com/2017/10/220393

https://www.chelsea-old.com/2017/10/220405

https://www.chelsea-old.com/2017/10/220381

おすすめ記事

058-270-0543

営業時間:11:00 - 18:00(火・土曜定休)
店舗営業日:日・月曜日
ネットショップ営業日:月・水・木・金・日

メールでのお問い合わせ