サステナブルな暮らし〜メルマガ掲載記事より〜

2021年4月8日

▲サステナブルとアンティーク

最近耳にする『サステナブル』という聞き慣れない言葉。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、私には覚えたての英単語のように違和感を感じながら発する言葉です。

サステナブル(Sustainable)とは、「人間・社会・地球環境の持続可能な発展」を意味します。

サステナブルな暮らし、サステナブルフード、サステナブルファッション、サステナブルな街など、
世界各地でサステナブルを意識した動きが少しずつ始まっているようです。

例えば、サステナブルな街づくりで代表的なのが、スウェーデンのハマービー・ショースタッド、ドイツのフライブルク、アメリカのポートランドなどです。

ポートランドの具体例では、都市部と農地や森林などの土地利用を区分する「都市成長境界線」の導入があります。
開発を認める都市部と認めない郊外を分け、農地や森林を守ると同時に、都市部では車を使わず日常生活ができるコンパクトシティをつくりました。更に農家が作った新鮮な作物等を都市部のスーパーやレストランに提供することで共存しています。そういった動きに賛同する人が集まり、全米一住みたい都市となっています。

もう一つの例を挙げると、ファッション業界では、既にいくつかのハイブランドがサステナブルを取り入れています。
その代表的なブランドがイギリスのステラ・マッカートニーです。レディースウェアの50%以上はリサイクル素材を使用し、レザーや毛皮を使用していません。

余った布だけを使用するフランスのメゾン・クレオもサステナブルファッションで有名です。娘がデザインし、母親が縫製を担当。週に一度だけ30着の注文を取るも15分で完売。

以上のように、サステナブルな街に人が集まったり、サステナブルファッションを購入する人が増えているのを見ると、消費する社会とは違う、新しい社会がつくられていく予感がします。

アンティークが好きな方々には、きっとこの感覚に共感する人が多いのではないでしょうか。
アンティークを使う事は、サステナブルを意識した暮らしとも言えるかな?と思うからです。
皆様はどう思われますか。

さて、画像のテーブルは、1870年代のヴィクトリアンウォッシングテーブル。約150年も前のものです。
日本は明治の初め。廃藩置県や廃刀令が出された年代です。歴史を感じます。

最近は在宅ワークも増えています。ノートパソコンを置いての作業など、ワークスペースにいかがでしょうか。もちろん趣味を楽しんだり、サイドテーブルとしてなど、活躍の場は多いと思います。

<上記写真の商品はSOLDとなっております。ご了承ください。>

▲足るを知る者は富む

今回のメルマガは、既に15回以上も「サステナブル」という言葉を使っていますが、初めて聞かれた方は少し慣れて頂けたでしょうか(^^♪

日本語で例えると、老子の「足るを知る者は富む」という言葉が思い浮かびます。名言には色んな解釈があり一概には言えませんが、自分以外の価値観を意識し過ぎて何かを求めるあまり何かが欠乏し続ける感覚になるよりは、自分が求めているものは何であるかを意識し、足るを知ることも人生を豊かにする方法の1つではないでしょうか。

サステナブルというのは、そういう意識をもった個々の集合体でできていくようにも思われます。

チェルシーオールドのお客様と接して感じる事は、ご自身が求めているものが何なのか、よくわかっていらっしゃる方が多いという事です。樹木希林さんの言葉をかりると、人生を面白がっている♪ そんな方がたくさんいらっしゃいます。

さて、こちらの画像は木肌の美しさが魅力のシンプルで汎用性のあるオークデスクです。
足ることを知る皆さまは、きっとご自身のライフスタイルに合わせた使い方を面白がって発見されることでしょう。
一般的なオーク家具の仕上がりはステインを塗りニスで仕上げますが、こちらは素朴な雰囲気が漂うワックス仕上げとなっており希少なデスクです。ぜひご覧ください。

<上記写真の商品はSOLDとなっております。ご了承ください。>

▲木製のカトラリートレーに何を入れますか

在宅ワークや趣味を楽しむ時間を、ダイニングテーブルの一角を使っている方もいらっしゃると思います。

ダイニングテーブルを使うとゆったりと作業ができ、家族と一緒の空間で時間を過ごせる良さがあります。

そんな時に、こちらのカトラリートレーに仕事などで必要な細かい物を入れておくと、トレーごと移動することで、ササっと準備も後片付けもできて、ONとOFFが切り替えられ、物が迷子にならずに済みますね。

形が四角で持ち手が上に出ていないので、サイズが合えば使わない時などは引き出しに収納できるので便利です。立てれば、シェルフなどで小物を飾る小さな棚にもなりますよ。

この味わい深いカトラリートレーに何を入れましょう♪
使う楽しみの幅が広がるのは、アンティークならではの良さだと思います。

他にもチーズボックス、バスケット、ブックレストやレターラックなど、
「私ならこう使う♪」と、ひらめく雑貨があるかもしれません。ぜひ探してみてください。

<上記写真の商品はSOLDとなっております。ご了承ください。>

おすすめ記事

058-270-0543

営業時間:11:00 - 18:00(火・土曜定休)
店舗営業日:日・月曜日
ネットショップ営業日:月・水・木・金・日

メールでのお問い合わせ