2021年11月 イギリス買付け紀行5 この日もアンティークな街へ

2021年12月19日

この日は朝からまた別のアンティークの街へと向かいます。
こちらのモールは1日では回りきれないほどのモールが数軒立ち並びます。

昨日の買い付けでまたまたバンはいっぱいになったので、
マイクはまた2時間半かけてアンティークたちの積み下ろしのために北へ向かいます。
また2人での買い付けデーです。

朝から珍しく傘が欲しいくらいのヘビーレイン!
『イギリスっていつも雨とか曇りじゃないの?』
よく聞かれる質問ですが、私はあまり雨や曇りの記憶はありません。
でも今回は毎日雨ばかり…。
どうも秋は雨のシーズンらしいです。
と言っても、ミストのような雨が降ってるかと思えば、昼には上がり青空が見える!そんな感じです。


雨の中、雨宿りがてら入ってみたアンティーク屋さんで可愛らしいプードルさんに出会いました。
夫は意味不明な顔してましたが、なんだか心惹かれてお買い上げ!


そんなことしてるうちにモールはオープンの時間になりました。
早速、素敵なスツール発見!
アンティークの買い付けでだんだん買えなくなってきているアイテムの一つです。
アンティークはそもそも100年経過したものを言います。
アンティーク風に今作っているものではないので、今後安くなるものでもないし、どんどん買えなくなっていくのは当たり前のことなんですよね。
限りあるものを買っているってそういうことなんですよね。
見つけた時に買わなきゃって本当に思います。
今は買いやすい値段のアイテムでも数年後にはどうなっているかわかりませんよね。


綺麗なアンバーとパープルの素敵なシャンデリアも見つけました。
アンティークモールは建物の中に色々な人がブースを出してて、
それをアンティークモールのスタッフやオーナーさんが販売してくれる仕組みです。
たまたまこのブースの方が商品の補充と入れ替えにきていたので、
『Best price please.』とお願いしてみました。
快く少し安くしてくれたのでお礼を言って購入しました。
アンティークモールではモールのオーナーに値段交渉や商品の問い合わせをするとブースの方に連絡してくれて代わりに交渉してくれたりします。


最後に立ち寄ったのがこちらのモール。
センス良くディスプレイされたコーナー。
全体的にお高めなので、眺めるだけですが。


久しぶりにマウスマンのチーズボード見つけました。
マウスマンは数年前にマイクに教えてもらい知りました。
ネズミ部分は接着してあるわけではなく、太い木から彫ってあるそうです。
イギリスではコレクターズアイテム。


こちらはマウスマンのブックエンド。
マウスマンに関してはあまり正確な情報はないようです。
マウスマン以外にもエイコーンマン(どんぐり)など色々ありますが、マウスマンが一番高値みたいです。


この日の夕食はジーノです。
お昼ご飯を食べ損なったので、お腹ペコペコ。
イギリスでの3代料理は何?ってマイクに聞いてみたら、
イタリアン・インディアン・チャイニーズだと!
イギリス料理じゃないじゃん!
でもこの3つはどんな田舎街にもあり、みんな美味しい!
特にこのリンカーンにあるイタリアン、ジーノは最高です!


リンカーンの古い街並み。
この日はハロウィンのため、仮装して街を探検してるツアーの人は数人いましたが、街中は静か。
日本やアメリカとは違うんですね。


毎回、リンカーン大聖堂の写真を撮る私にマイクが
『毎回撮ってるけど何か違うの?』と笑って言いますが、
何回きてもやはり素晴らしすぎて写真撮りたくなるんです。
建造当初は世界一高い建造物だったらしいです。
それはそれは迫力があります!

おすすめ記事

058-270-0543

営業時間:11:00 - 18:00(火・土曜定休)
店舗営業日:日・月曜日
ネットショップ営業日:月・水・木・金・日

メールでのお問い合わせ