2021年11月 イギリス買付け紀行⑧ 初めて行くアンティークフェアPart2

2022年1月9日

アンティークフェア会場、今回はいいお天気にも恵まれたので
写真を撮っていても素敵な写真がいっぱい、特にディスプレイのおしゃれなブースの写真をご紹介しますね。


この世界観大好き!!!
フランスから来たおしゃれなお姉さんのブースです。


これこれこれ!!!
めっちゃ好きってチェルシーのスタッフに言ったら
一言、『ロバの顔が怖い!』
この写真が好きすぎて次回の新着葉書はこれがいい!と主張してみましたが、多数決で破れました〜


ハロウィンは過ぎてたけど、季節ですね〜
白いカボチャがこの雰囲気にぴったりでした。


外の芝生の上のブース。
気になる小物もいっぱい、この棚は『ピジョンホールド』と言います。
鳩小屋って意味ですが、本当に鳩が入っていたわけではありません。
鳩小屋に似てる棚って意味なんです。
店舗什器には素敵なんですよね〜


この日のランチはフェア会場内のカフェにて。
私はツナマヨ・チーズトッピングのジャケットポテトを注文。
ジャガイモも大きいですが、ツナの量半端ない!!!
サラダも付いて激ウマです〜
基本味付けはしていませんが、ツナマヨの味で十分。
ジャガイモは甘くてホクホク、物足りない時に少しだけ置いてある塩をかけていただきます。


夫はミートパイを注文。
これが大ヒット!ミートは頬肉をホロホロになるまで煮込んでからパイで包み焼きあげてあります。
グレイビーソースも濃過ぎずかなり美味しかったです。
ソースたっぷりですが、決して濃くない味付けなんです。
イギリス料理、なぜ日本では不人気なのでしょう…。
夫は今回初めてイギリスに来て料理の美味しさに感動してました。
決して過多な味付けはしていないのですが、これがウケないのかな?
私たちはいつも日本のドレッシングがたっぷりかかったサラダが苦手なので、自分で調整できるよう最低限の味付けだったりするのがとても心地良く感じます。
テーブルには調味料が並んでます。


一日歩き回ったので、ちょっと一息。
こんな時はキャドバリーのホットチョコレートがおすすめです!
イギリスを代表する歴史あるチョコレートメーカーです。
私はキャドバリーグッズを集めていますが、まだまだ欲しいものがいっぱいです!
マイクは毎回私にキャドバリーグッズをプレゼントしてくれます。
今回は古いキャドバリーの缶を買っておいてくれました。


夕方16時を過ぎるくらいにはほとんどは店じまい。
明日も引き続き開催されるので、キャンピングカーできてここで寝る人も多いです。


帰りの車中からの眺め。
この季節は日本よりも早く1日が終わります。
それにしてもイギリスってなだらかで広いですね!

明日からは北へ向かって移動です。

おすすめ記事

058-270-0543

営業時間:11:00 - 18:00(火・土曜定休)
店舗営業日:日・月曜日
ネットショップ営業日:月・水・木・金・日

メールでのお問い合わせ